沖縄ファンダイビングについてワールドダイビングの情報も

沖縄ファンダイビングとは文字通り、沖縄で楽しむファンダイビングのことで、端的にいえばダイビングライセンスを取得してダイビングを楽しむことを指します。
ライセンスなしでも潜ることは可能ですが、体験ダイビングは本当に初心者向けの内容に限られます。

一方、ライセンスを必要とする沖縄ファンダイビングは、体験では味わえない沖縄の海の魅力を知ることができるチャンスで、かなり楽しみ方の幅が広がります。
沖縄ファンダイビングに必要なのはCカードと呼ばれるダイビングライセンスで、これを取得すると機材の使い方や深い場所に潜る為のスキルが活用可能です。

ライセンス保持者が複数人いれば、やや難易度の高いダイビングはできますが、やはり知識とスキルを有する人同士で潜るのが望ましいです。
沖縄ファンダイビングで潜ることができる深いところは、体験で見られる世界とは違います。
海の明るさも水の色も、それこそそこにいる生き物達もまるで違ってきます。

沖縄ファンダイビングに興味を持ち、Cカードライセンスの取得に挑戦してみたくなったら、ワールドダイビングの検討をおすすめします。
ワールドダイビングは沖縄にあるスクールで、株式会社ワールドダイビングが運営しています。

少人数や一人にも対応しているのが特徴で、信頼できて前向きにライセンスの取得に挑戦できると評判です。
現地に足を運べば丁寧な体験ダイビングのサポートが受けられますし、ライセンス取得を希望すればその人に合わせたサポートが行われます。
沖縄ファンダイビングは、一見すると難しそうでハードルが高いイメージですが、実際には想像するよりも身近でライセンスの取得も現実的です。

それを感じさせてくれるダイビングスクールの1つがまさにワールドダイビングで、ダイビングショップに迷った時にも有力な相談先になります。
人も機材も環境も必要なものが一通り揃っていますから、後は勇気を出して挑戦を決めるだけで、ライセンスの取得に近づくことができます。

恩納村ダイビングを楽しむにはワールドダイビングのライセンススクールが便利

恩納村ダイビングは、初心者でも非常に興味深いスポットが多いのが特徴です。特に青の洞窟は非常に有名な海底洞窟であり、幻想的な空間が広がっていることからダイバーであればいちどは訪れてみたい場所となっており、この場所に行きたいためにダイビングライセンスを取得すると言う人も少なくありません。

しかしダイビングライセンスは非常に難しいものと考えている人も多く、さらには時間がかかるためなかなか取得できないと言うイメージを持つことも多いものです。実際には海の自然を守るために様々な基本的な知識を身に付けることが必要で、これが出題される学科試験に合格しなければなりません。同時に基本的なダイビングの技術を身に付けるため、比較的多くの時間の実践的な講習を受けなければならないことになります。日頃なかなか海に行く時間を取ることができない場合には、そのライセンスを取得するための時間を得ることができず、そのために美しい自然あふれる恩納村ダイビングを諦めてしまっている人も多いものです。

ワールドダイビングでは、この魅力あふれる恩納村ダイビングを多くの人が楽しめるものとするために、様々なカリキュラムを用意しているのが特徴です。その中でも特に注目されるのが、短時間でダイビングライセンスを取得することができるプログラムです。時間のかかる学科講習は事前にオンラインで行うことができ、実際に恩納村では実技を中心に恩納村ダイビングを満喫しながらライセンスを取得することができると言う、非常に合理的なプログラムとなっています。また様々な場所でダイビングを行うことができるCカードを取得することもできるため、非常に合理的なものとなっているのが特徴です。

恩納村ダイビングは自然豊かな沖縄の海を満喫できる観光コースともなっており、ダイビングライセンスを取得することでその楽しみをさらに大きなものとすることができます。効率的に利用できるワールドダイビングのプログラムを利用し、恩納村ダイビングを満喫できるのが特徴です。

人気ダイビングスポットの沖縄の良さについて

沖縄県は、日本全国の中でも非常に温暖な気候に恵まれた地域となっています。オールシーズン暖かく海でマリンスポーツをするのに最適なエリアでもあります。一般の観光に訪れる方をはじめ人気のスキューバダイビングスポットも多く存在しているためダイバーの方も多く訪れています。

何よりも他の地域と異なるのは、オールシーズン海中に潜る事が出来る点です。他県では、寒い季節もあるためオールシーズン海に潜る事が出来ません。一年を通して温暖な気候だからこそオールシーズン潜る事が出来ます。そのためダイバーの方からは圧倒的な人気を集めています。

特に梅雨が明けた7月から秋の9月くらいまでが人気のシーズンとなっており多くの方々が観光やマリンスポーツを楽しみに訪れています。ダイバーから人気になっている一つが海の美しさです。海の中は青く澄んでおり遥か先まで見渡す事が出来ます。透明度が高いため海中全体を見渡す事が出来て最高のロケーションを満喫する事が出来ます。また、5月以降になると海中の生き物は繁殖シーズンを迎えます。

生き生きと活動するシーズンに入るため美しい海中の生物を見る事が出来ます。普段、遭遇する事の少ないウミガメなどにも出会う事が出来る可能性が高まります。例年、5月から9月は特に人気を集めるシーズンとなっています。

スキューバダイバーにとって魅力的であるのがスポットの多さです。潜る事が出来るスポットが非常に多く本島だけでなく石垣島や宮古島、西表島など様々なスポットが存在しています。スポットごとに海の状況や地形が異なるため他社多様なロケーションを満喫する事が出来るのも魅力の一つとなっています。

海外のハワイやグアム、サイパンなども人気を集めていますが、国内で短時間でアクセスする事が出来る点も魅力です。忙しい日々から抜け出して束の間にマリンスポーツを楽しむスポットとしてとても魅力的です。毎年、多くのダイバーや観光客が訪れるエリアです。

沖縄では最北端に辺戸岬ダイビングのダイビングスポットがあります。最後の秘境と呼ばれるおすすめのスポットです。

沖縄ダイビングは地元のダイビング教室を活用

沖縄に行って、ダイビングを楽しむ時には経験者であれば後はダイビング道具を準備して楽しめば良いですが、経験が浅い人や経験がまったくない人は地元のダイビング教室を活用するのがお勧めです。私も沖縄で初めてダイビングした時には地元のダイビングの先生に細かく教えてもらって注意しなければいけないことやうまくダイビングするコツなどを教えてもらって、ダイビングで楽しむことが出来たのです。

沖縄のダイビングで注意しておきたいのが生物です。本州には生息していない生物が多く存在しており、毒を持っている生物や気性が荒い生物も生息しています。

何も生物の知識がない状態で、沖縄ダイビングを楽しむとその生物に気付かずに近寄ってしまう可能性があり、危険です。私はその点に不安があったので、地元のダイビングの先生に危険な生物について教えてもらったり、生息しやすい場所やもし遭遇した時の対処などを教えてもらって安心してダイビングを楽しむことが出来たのです。遭遇した時の対処を知っておくと、あせらずにうまく危険生物から逃れられる可能性が高くなるので、地元のダイビング先生の指導を受ける事は大事です。

もちろん、ダイビングの仕方なども細かく教えてくれるのでその点でも助かります。ダイビングの先生に教わると、初心者でも楽しめるマリンスポーツです。沖縄に行って、現地でダイビングの先生を探すと、なかなか見つからない可能性もあります。そこで、沖縄に行く前にダイビング先生やダイビング教室などの情報を集めておく方が良いです。そうすると、現地に行ってダイビングをする時に、すぐに先生の指導の元、ダイビングを始める事が可能です。
また、ダイビング用品を貸してくれる所も見つけておく必要があります。もし、自分で準備出来るのであればダイビング用品を準備しておくのがお勧めです。

このように、沖縄でダイビングをする時には地元のダイビングの先生に協力してもらうのが得策です。

こちらでは、ダイビング器材の販売もしています。

APEKS・テクニカルダイビング器材

何度も行きたい沖縄のダイビング

私は今年の四月に家族旅行で沖縄に行きました。沖縄といえばやはり透明度のある海。何度も沖縄には来たことがありましたが、今回は未だ見ぬ海中の世界を覗いてみたいという気持ちが強くて子供と一緒にダイビングをしてきました。

ダイビングはしてみたいけど、実は泳げない私。水に対する恐怖心はないものの泳ぎはかなりの苦手です。
そんな私がダイビングできるのかとても不安でしたが、海中の魚と戯れたいという気持ちの方が勝り体験型のダイビングツアーに申し込みました。

そして、いよいよウエットスーツを着てインストラクターと一緒に海へ。

泳げなくても海に体を沈めることができればあとはインストラクターの方がずっとついていてくれて指導もしてくれるので不安はすぐになくなりましたがあまりの緊張感で海中にいる魚や景色を楽しむ余裕もなくずっとインストラクターを見ているといった少し残念な状態でした。

でも、初めて沖縄でダイビングした感想はもっと怖がらずに潜ってちゃんと海中を楽しみたいという気持ちが強くなりました。

次に沖縄へいく機会があればかならずダイビングに再チャレンジします。そして、できることならダイビングのライセンスも取得したいと思っています。

ただでさえ海が綺麗な沖縄。そんな綺麗な海に潜らないのはもったいないです。
またライセンスを取得すると更に海の深いところまで潜れるのでまた違った生き物や景色が見れることだと思います。

沖縄は年中、海中の温度が20度くらいありウエットスーツを着用することから一年中ダイビングが楽しめます。

なので、比較的オフシーズンが旅費もおさえられてオススメです。

次に潜りたいと思っている沖縄のダイビングスポットはクロワッサンアイランドと呼ばれる島です。ネーミングもとても可愛らしくて島の形もクロワッサン型をしているんです。

沖縄にはいくつもダイビングスポットがあるのでいろんな場所で潜れるようになれたらいいなと思っています。

初心者でも楽しめて虜になった沖縄ダイビング

昔から沖縄旅行が大好きで、いつかは実現したいと思っていたのが沖縄でのスキューバダイビング。友人からも「絶対に経験した方がいい」と強く勧められていたのですが、泳ぎに自信がなかったこともあり、ぐすぐすと二の足を踏んでいました。

そんな水に対する恐怖心が強かった私が、今年の夏の沖縄旅行の際に体験ダイビングをしてみようと一大決心。調べてみると、沖縄では初心者でも十分楽しむことができるツアーやスポットが盛り沢山あって、実に選ぶのに一苦労。体験ダイビングはライセンスはもちろん不要で、何よりウエットスーツなど全てレンタルできるのが嬉しいポイントの1つだと感じました。

最初の体験ダイビングは、いきなり深い地点に潜るのが怖かったこともあり、ビーチから歩いて海に入るボーチ・エントリーを選びました。まずはインストラクターの丁寧なレクチャーを受けてから。そして岸から徐々に深くなる海の中に入っていったので、まったく怖い思いをすることがありませんでした。いざ海に潜ってみると、一瞬で目の前の海の中の世界の虜に。

正直言うと、今まで沖縄で見たどんな景気よりも感動!!でした。本当はこの旅行日程の中で1回だけダイビングを計画していたのですが、海から上がるとすぐにもう一度体験したいという衝動にかられて、2日後に別のツアーに参加。今度はボート・エントリーに挑戦し、青の洞窟で有名な真栄田岬へ。何度もガイドブックやSNSで見ていた青い世界に自分自身が包まれた時には、本当に感動して鳥肌ものでした。可愛らしいクマノミを見たり、熱帯魚への餌付けを体験したりなど、水の中でしかできないまた見ることができない新たな世界を知りました。

そして現在は、来年の夏に向けたダイビング計画を立てているところ。それまでにCカードライセンスを取得するのが目標です。今となっては「どうしてもっと早くにダイビングを経験しなかったのだろう」と悔やむばかり。沖縄の魅力の1つである美しい海を、これから何度も体験したいと思っています。

沖縄でのダイビングを満喫したいなら

海に潜って楽しむというと、やはり南の島で行うイメージが強かったりします。そしてダイビング好きならば、やはり1度は沖縄の海を潜るべきです。私も国内でも潜りを満喫したいと考え、訪れた経験があります。

もっとも国内有数のスポットとあって、何処を潜るべきかで悩む人は少なくありません。私も例外ではなく、どのスポットを選んで潜るか少し迷いました。ですがどうせなら、この地域ならではと言える体験がしたいと考えたのです。

そんな私が選んだのは、青の洞窟を潜る事でした。というのも那覇市の近くに存在するスポットなので、アクセスがし易い上に特に人気の高いスポットとして以前から名前は聞いていたのです。なので折角潜るなら、外せないだろうと考えて選びました。

この様にして青の洞窟を潜る事にした私ですが、やはり数あるスポットの中でも特に人気な場所だけあってかなり感動的な体験が出来たのです。潜ってみて驚いたのは透明度の高い海水に光が差し込んで来て、名前の通り実際に青く見えます。

青い海の中を潜って探索出来るので非常に幻想的な雰囲気であり、正しくこのスポットだからこその体験が可能でした。しかも青色の海中には、南国の海らしい色鮮やかな魚達が泳いでおりより幻想的な空間に絶妙な色を加えてくれます。

青色に見えても海水自体は透明度が高いため、遠くの方まで見回す事が出来て様々光景を楽しむ事が可能です。更に魚達だけでなく珊瑚も幻想的な海に彩りを与えており、海中で思わず見とれてしまう様な美しさでした。その上、少し深く潜ると海面から太陽光が差し込んで来る光景を眺める事が可能です。

その青白く差し込む光も非常に綺麗で海の生物だけでなく、そういった光を幻想的な光景として楽しむ事も出来ます。もっとも青の洞窟は人気スポットであるため、訪れ易い日中だとかなり混み合って思う様に潜りを楽しめない恐れがある様です。

私自身は事前にインターネット等でそういった情報を知っていたので、利用者が少ない早朝に訪れました。お陰で空いていたのもあって思う存分青の洞窟を満喫出来たので、満喫したい人は私の様に潜る時間帯を選ぶべきです。

管理者のサイト

沖縄ブログ 沖縄観光完全攻略ガイド

沖縄在住、空 良太郎の公式ブログ。沖縄の穴場スポット、観光場所、海や山などの自然、話題のパワースポット、遺跡、飲食店、ダイビング、宿泊施設、ローカル向けの地域情報、裏情報などを紹介しています。

沖縄での初ダイビング体験

沖縄の綺麗な海でダイビングをしたいなとずっと思っていて、社会人になって始めてその夢を実現することができました。恩納村の海でダイビングすることを決め、当日はダイビング初体験だったのでドキドキしながら海に向かいました。

当日は晴れていたので海がキラキラしていてコバルトブルーでとても綺麗でした。この海に今から入ることができるのかと思うとワクワクしました。インストラクターの方に息の吸い方や耳に水が入った際の抜き方などを教えてもらい、早速ダイビングが始まりました。

海に入ると、水が綺麗なので遠くの方まで視界が開けました。このままどこまででも泳いでいけそうな自由な気分になりました。カラフルな熱帯魚が泳いでいて、ここが日本であることを忘れてしまいそうでした。瀬戸内海や日本海しか今まで見たことが無かったので、南国に来たような気分になりました。慣れてきたら徐々に深いところまで潜っていき、サンゴに触れたり、海藻を触ったりして楽しみました。

インストラクターの方は水中カメラで写真をたくさん撮ってくれたので、ハートを作ったりして楽しみました。水の中でも書けるホワイトボードで会話をすることができたので、インストラクターの方が魚の名前を教えてくれたり、ホワイトボードに日にちを書いて記念写真を撮ることもできました。海の中はどこまでも薄い水色で太陽の光が入ってキラキラしていて今でもあの光景は忘れることができません。

ダイビングは40分ほどで終わり、ダイビング後は身体が冷えているのでお湯を準備してくれていて温まりました。インストラクターの方はとても優しく面白かったので終始笑わせてくれました。沖縄でオススメの場所やお店なども教えてくれたので助かりました。

水中で撮影した写真は全てデータでもらえたので今でも見返してもう一度沖縄でダイビングしたいなと思っています。離島が特に綺麗だと聞いたので、次は離島でダイビングをしてみたいです。

海の写真素材 無料WEB写真屋

掲載している写真素材は全て撮影者の空 良太郎が撮影しています。当サイトの写真や動画は無料で提供しております。インターネット上、図鑑、書籍、TV番組、広告、印刷物などの商用利用も無料で可能です。

初めて訪れた沖縄のダイビング海域は恩納村の「青の洞窟」

先ず、東京や関東圏、首都圏に住むダイビングファンとしては、勿論、澄んだ海の奇麗な所ならどこでも出来ますが、よく訪れているのが国内のダイビングスポットとしては比較的関東圏から近いところではやはり伊豆半島の特に岩場の多い西伊豆でしょう。 西伊豆は岩場の入り組んだ名所が沢山あり、南側の松崎や雲見、中ほどでは土肥、堂ヶ島、それに大瀬崎あたりでしょうか。

しかし、先般初めて先輩たちにツアーで連れて行ってもらったのが、同じ国内でも屈指と言われるところは南国沖縄の海でした。 我らが訪れたのは、沖縄本島でも恩納村という本島でも屈指のリゾート地でもあり、勿論、有名なダイビングスポットもありました。
先ず、沖縄の那覇空港を降りて北上しつつ始めて真っ青な沖縄の海を間近で見たのは北谷(ちゃたん)の海でした。 ここでつくづく思ったのは、やはり沖縄の海は「沖縄ブルー」といわれるだけ有って、其のコバルトのようなブルーに驚いたものです。

一般に、沖縄本島の海域でも特にダイビング・スポットとして知られているところは、那覇より近いところでは其の北谷エリアで、海底の遺跡を観る様な不思議な光景が広がっていて、その海域の地形が不可思議な形をしていてポイントの一つともいえるところだそうです。 そして、何といっても最も有名なのがわれ等が始めて訪れた恩納村南部の山田エリアで、この地はのリゾートライフとして楽しいところですが、勿論、ダイビングスポットとしてダイバーにはこのエリアがお勧めポイントなのです。

我らは早速、目の前の海域でダイビングの足慣らしならぬ、潜り慣らしをした後に、次にインストラクターの案内で山田海域からも近くの真栄田岬の「青の洞窟」という海域を訪れました。 其のポイントは船でも直ぐのところで、近距離にあるだけ短時間の移動で多くのダイビングポイントを楽しむことが出来ます。 其の場所は本島でも代表的なところで、その中の海域には多くの珍しい熱帯魚や大きな沖縄特有の魚や其れに夜行性の魚や甲殻類などが目を見張るように泳ぎ回っているのです。

特に、「青の洞窟」は入り組んだ岩場にあって、水深も5から6メートルという絶好の地で、洞窟内ににも淡い光が入り込む幻想的な青い色を作り出し、まるで空中に浮かんでいるような雰囲気を楽しむことができるのです。 勿論、此方は初心者から上級者まで幅広い層の人たちが楽しめるスポットで、魚の群れの種類や数も多く充分に楽しむことが出来るところになっていますね。

恩納村ダイビングショップ – 沖縄恩納村のワールドダイビング